Kaeko Gondo

権藤嘉江子は、グラフィック・パッケージング・インターナショナル(以下「当社」)の環太平洋地域担当プレジデントを務めています。 当社には2018年4月1日から所属。 2013年からは株式会社SONOKOの社長兼CEOとして4事業の運営にあたり、食品事業と化粧品事業のトリドールホールディングスへの再編・統合を実現させました。 それ以前には、LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン・グループにてエミリオ・プッチ カンパニーのゼネラルマネージャーとCOOを務めた後、プレジデント兼CEOのポストを担いました。 また、クリストフル ジャパン株式会社とブルガリ ジャパン株式会社で上級管理職を務めたこともあり、それ以前には、東京三菱証券株式会社と東京三菱銀行に8年間勤務していました。ワシントンD.C.にあるジョージタウン大学でイタリア語を専攻、経済学を副専攻し、学士号を取得。母国語の日本語のほか、英語とイタリア語を話します。